ja en


  KAORU SHIMADA

 

   Her Characters






  Lazymaid レイジーメイド

 

レイジーメイドは今からかれこれ30年前に  ロンドンで誕生した島田カオルの一番最初   のキャラクターです。
お掃除は、面倒だし洗濯するのも好きじゃない、ましてお料理なんてとんでもない! でも、どういうわけかメイドになってしまったから… 奥様の言うことを聞いて、毎日お家のお仕事をしています。 レイジーメイドは、少々空想癖があり、 フッとしたことで、仕事中でもすぐその世界へ入り込んでしまいます。 白昼夢での大冒険、はじまりはじまりです。


 


 Mr. Dile Crocodile

 

ダイルクロコダイル氏(Mr Dile Crocodile)は、イギリス紳士としてのプライドを持っています。 彼の出身地は、ナイル川のほとり。 兄姉の沢山いる大家族の中で最後に生まれました。 正真正銘のワニとして… それが、 ひょんなことから、ロンドンに来てしまい それ以降ロンドンっ子として、普通に 人間の子供と同じように、育てられました。 ナイル川での幼少時代の想い出も沢山あり 懐かしく思い、数年に一度は故郷に戻りますが 今では、ロンドンに戻るたびに、 ここが自分の暮らすところだと、思うようになりました。 ダイルクロコダイル氏を、自分たちの子供のように育てたのが 養父のヘンリー ジョーンズと、養母エリザベス ジョーンズです。 そして、ダイルクロコダイル氏が、ロンドンに来るずっと前から ジョーンズ家でお手伝いとして働いていたアリスとも 長い付き合いで、ダイルの一番の話し相手であり親友です。 ダイルクロコダイル氏の本当の歳は判りませんが、 数年前に退職もし いまでは、悠々自適の生活をしています。 趣味は、お散歩と、美術館巡り、友人とのおしゃべり、お茶と料理、ヴァイオリンとピアノ それと、スウィミング…

Dile Crocodile氏のお話はこちら
The story of Dile Crocodile is here.








 くじらのお巡りさん

お巡りさんといってもpoliceではありません。 世界の空をふーわふわ~ふーわふわ~と、巡回しながら、 困った人を助けているのが、クジラのお巡りさんです。 クジラのお巡りさんに助けてもらうのは、 鍵をなくしたお婆さん、両親を亡くした子象、酔っ払いの大きな渡り鳥、底なし沼にはまってしまった小鹿、大切なおもちゃを無くしてしまった小さな男の子、逃げる男、など色々です。



 Twink 夢先案内人

Twinkは、島田カオルのキャラクターの中では 一番可愛らしい世界の中で生きています。 皮肉のない世界、ニヤッとした笑いの無い世界ということです。 Twinkが誕生したのは、島田カオル自身が、 初めてのベイビーの誕生を待つ時。 まだ見ぬベイビーを夢見て、ママの気持ちになって描いたお話が、 赤ちゃんの夢先案内人Twinkです。 赤ちゃんは、寝ている間、ママの手から離れて 夢の世界でTwinkと遊びます。星くずを拾いに行ったり、 ケーキを作ったり、象のおばあちゃまの楽しいお茶会に行ったり… 夢の中で大冒険が繰り広げられます。


 でこぼこ三人組

Dr.フラゴンと酔っ払いジンジャーと頼れるピグレット (Dr Flagon and Drunken Ginger with reliable Piglet ) この3人組が、誕生したのは約10年前、島田カオルがエジンバラで暮らしていた時 なので、お話の舞台は、エジンバラ もともと、Dr.フラゴンと酔っ払いのジンジャーは 天国の神様の元で、働いていた天使でした。 ある事件がきっかけで、 「宇宙で何か良い行いをしてこい!ちょっとは成長してこい!」 と、神様に告げられて 2人は大きなドクターと怪獣に姿を変えられ、 天国を数百年の間追放されてしまうのでした。 宇宙に飛び出した2人は、どこへ行ったら良いのかわからなく 数年間宇宙を旅していました。 そんな時に、立ち寄ったある星で、 ピグレットとの出会いがあります。 そして、小さいのに何とも頼れるピグレットの誘導で、 地球に辿り着いたのですが 酔っ払いのジンジャーのせいで、 エジンバラ城の屋根の上に不時着してしまいました。 それから、2人は頼れるピグレットに助けられながら エジンバラでドタバタ劇を繰り返しながら、少しづつ成長していく物語… ピグレットとの出会いや、天国を追放されることになってしまった事件 また、どうして天使から、大きなドクターと怪獣に姿を変えられてしまったのか 等の物語は、The LittleBookBeas, 豆本シリーズに入っています。